年賀のおしたく

京都発!『年賀のおしたく』は、送料無料・デザイン豊富な2019年・亥年の年賀状印刷注文サイトです。

デザインの裏話

スタッフ自ら企画制作して生み出す
「年賀のおしたく」のデザインたち。
その裏側のエピソードをたっぷりご紹介します!

  • デザインの裏話デコずし
  • デザインの裏話亥の子餅
  • デザインの裏話助六の玩具
  • デザインの裏話猪目

かわいいイノシシのデコずし
作っていただきました!

スタッフから「デコ寿司」というアイデアが出てきたものの、社内に巻き寿司が得意な人がいない…
どうしようか?といろいろ調べてみたところ、日本デコずし協会を発見!相談させていただき、ご協力いただけることになりました。 作り方の工程も見せていただき、最後はおいしく頂けて、とても楽しい撮影会となりました!このデザインを送った方も受け取った方も、かわいいな、自分でも作ってみたいなと思っていただければうれしいです。

  • デコずし作り方1

    レシピを考案、さらに作成までしてくださった、寺子屋のりころりんさんのエプロン。協会のロゴが入ってます。衛生のため、手元は手袋。

  • デコずし作り方2

    カラフルな材料や道具はすべてお持ちいただいたものです。ありがたい…! ひときわ目立つ松の実は、どこに使われる?

  • デコずし作り方3

    材料の重さをきちんと計って、それぞれのパーツが作られていきます。オレンジの棒状のものは、なんとゴボウ。ニンジンかと思ってた!隣の色との境目をはっきりさせるために、海苔で巻くのだそうです。

  • デコずし作り方4

    何かに見えてきましたね!このあと、あざやかな手つきでくるりと巻かれていきます。(動画で撮っていたのでここではお見せできず、すみません・・・)

  • デコずし作り方5

    鼻に黒ゴマが慎重に乗せられていきます。
    みんな「かわいい!」「すごい!」を連呼。

  • デコずし作り方6

    できあがったら、すぐ撮影!!

  • デコずし作り方7

    こちら、おしたく限定デザインのセッティングです。笑顔の子もいますよ! お気づきでしょうか、松の実はそのまま松に使われてました。

  • デコずし作り方8

    最後は山盛りのデコずしたちを、みんなのお昼ごはんに。お味もとても美味しいのです!!ここ重要です!長時間の撮影にご協力いただいた寺子屋のりころりんさん、ありがとうございました!

断面に美しい絵柄を描く「デコ巻き寿司」で、亥年用にオリジナルレシピを開発・制作していただきました。作って、見て、食べて楽しい、あらゆる世代が楽しめるよう、レシピの開発やインストラクターの養成を行っています。

レシピ・制作:寺子屋のりころりん

完成したデザインはこちら!

  • デコずしデザイン
  • デコずしデザイン

無病息災・子孫繁栄を願うお菓子
亥の子餅

亥の月亥の日(旧暦10月)に、無病息災・子孫繁栄を願って食べられるお菓子。茶道の世界では「茶人の正月」とも言われ、炉開きにも使われるおめでたいお菓子です。亥の子餅には決まった作り方はなく、レシピはさまざま。今回は、ウリボウの背中によく似たしま模様がついたものを作りました。

  • 亥の子餅

    大きく見えますが、実は意外と小ぶり。あんこがたっぷりなので、小さめがちょうど良いんです。これを、ゴマ入りの求肥で包みます。

  • 亥の子餅

    模様がはいった亥の子がぞろぞろ。この模様は熱した金串でつけています。意外に難しかった…厳選された子だけが撮影に使われました!

完成したデザインはこちら!

  • 亥の子餅デザイン
  • 亥の子餅デザイン
  • 亥の子餅デザイン

定番シリーズ「助六」の玩具

毎年人気の「助六」さんの玩具シリーズ、もちろん今年もあります!いつものように、スタッフが浅草のお店で購入させていただきました。

  • 「助六」の玩具
  • 「助六」の玩具

    宝珠を持った定番シリーズ。
    スタッフは毎年、愛情込めてこっそり「殿」と呼んでいます(笑)

  • 「助六」の玩具

    招き猫ならぬ招きいのしし。
    とぼけた顔で福を呼んでくれるかも?

  • 「助六」の玩具店

    小さなお店ですが、びっくりするほどたくさんの玩具が所狭しと並んでいます。いつ行っても人でいっぱい!! 初詣の時期はさらに多くの人で賑わうそうですよ。

完成したデザインはこちら!

  • 助六の玩具デザイン
  • 助六の玩具デザイン
  • 助六の玩具デザイン
  • 助六の玩具デザイン
  • 助六の玩具デザイン
  • 助六の玩具デザイン
  • 助六の玩具デザイン
  • 助六の玩具デザイン

実は伝統模様なんです
猪目(いのめ)

猪目(いのめ)とは、日本に古来から伝わる、ハート型に似た伝統模様。神社やお寺など、神聖な場所の装飾に多く用いられています。

  • 猪目デザイン

    神社でおなじみの鈴にも、猪目があります。
    柱や屋根の装飾にも見られることがありますよ。

  • 猪目デザイン

    優しい色の薄紙を敷き詰めたデザイン。
    よーく見ると全部ハート型なんです!

  • 猪目デザイン

    赤とグレーの紙を繋いで、
    ハートの輪を作りました。

  • 猪目デザイン

    今年の京都地図には、SNSで大人気の
    猪目窓がある正寿院も載っています。

デザイン一覧・ご注文はこちら